ジグザグカンパニー


topgallerydownloadbbslinkprofile


トッ プページ > ギャラリーインデックス > ふたなりギャラリー  > ふたなりベースボール



 ふたなり野球では、選手自身の肉棒(肉バット)を使い、ふたなり球(硬めのゴム球)を打つのが基本。そのため、ふたなりの中でも、とくに太くて長い巨根 選手しかバッターにはなれない。

 ふたなり球は肉棒で打つことを考えて、軽く柔らかめになっているが、それでも打ち返すときの衝撃は大きい。

 巨根の選手たちも、最初は衝撃の痛みや精液漏れに悩まされたが、それらは日々の練習と研究成果で克服され、今ではいかに遠くに飛ばせるかへ目標が移って いる。

 最近まで、ふたなり野球で柵越えは難しいとされていた。

 だが、ふたなりファイターズの4番バッター、胡桃沢メイ選手(23)が腰の回転と肉棒の勃起力強化で、ふたなり野球初の柵越えホームランを放った。

 胡桃沢選手の活躍で、チームは『ふたなり野球リーグ』を勝ち抜き、初優勝を飾った。
ふたなりベースボール
 ▲ふたなり野球史上初のホームランを打った胡桃沢メイ選手。









copyright