ジグザグカンパニー


topgallerydownloadbbslinkprofile


トッ プページ > ギャラリーインデックス > ふたなりギャラリー  > 紫稍花の掟



 『紫稍花』には、現在43人のくノ一が所属している。

 軍団結成からすでに数世紀を経ており、多くは軍団内で産まれ育った者たちで形成されている。新しい血の為、優秀な者を外部から入団させることもある。

 くノ一の階級は四つに分かれている。

 ・頭領
 軍団のトップ。他のくノ一たちとは違い、地位は世襲である。『長太(ちょうたい)』と呼ばれる掟によって、各世代ごとに複数の候補者から選ばれて来た。
 くノ一同士が契りを結び、子をもうけるのは自由だが、頭領だけは決められた相手以外と契ることを許されていない。現頭領の相手は、上忍筆頭・焔(ほむ ら)が務め、すでに子をもうけている。

 ・上忍
 くノ一たちを纏め上げる軍団長。現在は三人制であるが、時代により人数は異なる。
 筆頭・焔(ほむら)を中心に、朧(おぼろ)、怨(えん)の三人で構成されている。実質的な支配権を持っているのは彼女らであり、任務の契約・執行 などの判断は、三人の合議によって執り行われている。

 ・中忍
 軍団の実行部隊。主な任務のほとんどを執行するくノ一たちであり、軍団の中核をなす存在である。
 現在、中忍に属するくノ一は12人。ほとんど軍団内の生まれだが、中忍補佐・鵐(しとど)のみが外部の人間である。筆頭は魑(すだま)が務めている。

 ・下忍
 その他のくノ一。中忍候補から見習いまで、残りすべてのくノ一が属している。
 仕事は上忍・中忍の任務時のサポート、身の回りの世話など多岐に渡る。上忍・中忍と師弟もしくは恋愛関係になることがあり、有望な者は上位に引き上げら れる。

 くノ一たちはそれぞれ密接な関係を保っているため、寝返りや脱走といった事件は軍団創設から一度も起きていない。ただし、掟を破った者への制裁は他言で きないほどおぞましいものであるという。

紫稍花の掟
▲下忍・飆(つむじかぜ)
 中忍と下忍の間に生まれ、幼少からくノ一として修行している。頑なに貞操を守り、処女を貫いている。
 最近、中忍筆頭・魑(すだま)に求愛されているが、残忍な魑の性格を嫌い、何度も拒絶している。









copyright