ジグザグカンパニー


topgallerydownloadbbslinkprofile


トッ プページ > ギャラリーインデックス > 巨乳・野外露出ギャラリー  > ミルザブール褌祭り



 『褌祭り』は、騎士団領ミルザプールの統治者テオドールの一人娘コンスタンツの誕生日を祝う祭りとして生まれ、その時の術士フラーマの進言によって、コ ンスタンツの健康を願うための儀式として、褌の騎士たちが神輿にコンスタンツを乗せて街を練り歩き、コンスタンツの元気な姿を領民に披露することが決まっ た。
    
 コンスタンツ誘拐事件、その後、ラファエルとの婚礼で先送りになっていた褌祭りが開催されることになり、名誉騎士のシフとアルベルトも祭りに参加するこ とになりました。褌を恥ずかしがるアルベルトを尻目に、シフは全裸になると褌をギリギリと締め上げ、股間に食い込ませていた。

 騎士たちに混じって神輿を担ぐシフとアルベルト、沿道には多くの領民がコンスタンツを見るため集まっており、祭りは盛況のまま終わった。

 城に帰ると、さっそく酒盛りが始まった。シフは宴席の中央にどっしりと腰を下ろし、アルベルトを脇に抱えながら、浴びるように酒を飲み続けた。
ミルザブール褌祭り

 酔ったシフは、アルベルトの褌を剥ぎ取ると、シフの巨乳を押し付けられて興奮し、勃起していたイチモツを咥え込んで、音を立ててしゃぶり、イッキに抜い てしまった。

 それを見ていた騎士たちも、シフの前でイチモツをさらけ出した。シフはそれらを次々と咥え、噴き出す精液を全身に浴びながら上機嫌で笑った。宴席は、シ フと騎士団が入り混じる乱交になった。

 シフは騎士たちに代わる代わる突き上げられながら、差し出される酒とイチモツをすべて口に運んだ。いきなりシフに抜かれて放心していたアルベルトも、ど さくさまぐれに乱交に加わり、シフの胎内に出せるかぎりの精液を発射した。

 肉体のぶつかる音、汗と精液の匂いが立ち込める熱気の中、酒盛りは夜明けまで続き、中央で大の字のシフとアルベルト、その周りで騎士たちは全員倒れこむ ように眠り込んでいた。
ミルザブール褌祭り









copyright