ジグザグカンパニー


topgallerydownloadbbslinkprofile


トッ プページ > ギャラリーインデックス > 巨乳・野外露出ギャラリー  > 催眠クリニック5



 三ヶ月後。

「は……はっ……、先生、どうでしょうか?」裸に靴下だけの忍は、椅子に座りズボンを下ろした院長の上にまたがって、腰を激しく動かしていた。「良いです よ友末 さん……、ほんとうに上手くなりましたね」「ありがとうございます! みんな先生のおかげです」

 しばらくして、院長は忍に挿入した肉棒から、『美容液』と思い込ませた『精液』を注ぎ込 んだ。

「今日は、以前に約束していた、教材用の撮影をしようと思うんですが、大丈夫ですか?」院長はズボンを上げながら尋ねた。「はい、もちろんです。……で も、私なんかが『催眠美容』の教材になるなんて、ほんとにいいんでしょうか?」「友末さんは優秀です。もっと自信を持っていいですよ」院長は笑った。

「それではまず、基本のポーズから始めましょう」「はい」忍は壁を背に脚を開き、手を頭の後ろで組むと、ゆっくりと腰を落としていった。完全にしゃがんだ 状態になると、きれいに毛を剃り上げたおまんこがぱっくりと開いた。「だいぶ生え揃いましたね」院長は伸び放題になっている忍の腋毛を撫でた。

催眠美容ストレッチ

「痛くないですか?」院長は忍の乳首に、バネを調節した洗濯バサミを付けた。「痛くないです」催眠の効果によって、妊婦のようにパンパンに張った忍のおっ ぱいは、今にも母乳を 噴射しそうだった。

「では、始めましょう。友末さん、お願いします」院長は三脚に設置したデジタルカメラを忍に向けた。

「はじめまして、友末忍です。今回は『セルフおまんこ ストレッチ』について説明させて頂きます。まず、おまんこをなるべく大きく開いてください……、準備ができたら膣を絞り込むようなイメージで、おまんこを 開け閉めしてください」忍のおまんこは、ヒクヒクと動きながら、院長の注入した精液をダラダラ吐き出した。頬を紅潮させ、目に見えて興奮してきた忍は、勃 起させた乳首から母乳を漏らし始めた。

「おまんこのストレッチができたら、今度は肛門のストレッチです」忍は肛門に指を入れ、左右に開いた。「肛門のストレッチはとても簡単です。肛門を、手近 にあるもので拡げるだけです」忍は院長からマジックペンを受け取り、次々と肛門に挿していった。

催眠美容ストレッチ

「あとはおまんこと肛門を意識しながら、ゆっくりと筋肉をほぐしていきましょう」忍が力を入れ、おまんこが動くたびに精液が漏れ、肛門は挿し込まれたマ ジックペンを飲み込むように収縮していた。張り詰めたおっぱいからは、白い母乳がほとばしる勢いで噴射した。

 デジタルカメラの後ろで忍の様子を見ていた院長は、満足そうに笑っていた。これまで何人もの患者を『標的』にしてきたが、これほど素直で献身的な患者は いなかった。院長が忍に施した催眠は、いまや完全に思考や感情をコントロールし、何でも言うことを聞く操り人形を作り上げていた。

 今回の撮影も、忍はすぐに院長の言葉を信じ、二つ返事で承諾した。院長は、何も知らない忍に、これからどんな『痴態』を演じさせようかと考えるだけで、 思わず笑みが浮かんでしまった。

「友末さん、素晴らしかったですよ。でも、カメラの前は緊張したでしょう?」「ありがとうございます! 先生にはお世話になってますから、これぐらい平気 です」「頼もしいですね。じゃあ、次までに新しいストレッチを覚えましょう」「はい! ……んっ」忍は顔の前にさし出された院長の肉棒を、口に含んだ。

催眠美容ストレッチ









copyright