ジグザグカンパニー


topgallerydownloadbbslinkprofile


トッ プページ > ギャラリーインデックス > 巨乳・野外露出ギャラリー  > 変態女コンサルタント



「はじめまして。私、『変態女コンサルタント』の桂木友子と申します」女性は名刺を差し出しながら自己紹介した。我社で「変 態女」の導入を検討中、ということで紹介されたのが桂木さんだった。
 正直な話、「変態女」というものがどんな役割なのかすら曖昧なままだった我社にとっては、実演込みで指導してもらえるのは 有難かった。
「さっそくですが、『変態女』の役割について説明致しますので、関係者の方を集めて頂けますか」桂木さんはそう言いながら、 服を一枚ずつ脱ぎ始めていた。私が戸惑っていると、桂木さんは「どうされたんですか? 私は準備がありますので、そちらのほ うをよろしくお願いします」と冷静に告げた。
桂木友子

 会議室に人を集め、私が部屋に戻ると、桂木さんはすでに全裸になっていた。私は目のやりどころに困った。「こちらも準備で きました。行きましょうか」裸の女性と社内を歩くという、日常では考えられない行動に、私は緊張しつつ股間に熱いモノを感じ ていた。
変態女コンサルタント

 会議室には変態女候補の女子社員数名と担当予定の社員数名が集まっていた。私たちが入ると、部屋は一気に静まり返った。 「私が本日から『変態女』の指導をさせて頂きます桂木です」男性社員は桂木さんの巨乳に目を奪われていたが、変態女が全裸で あることをはじめて知った女子社員には動揺が広がった。「ではさっそく説明に入らせて頂きます。まず『変態女』とは、単なる ストリップとは違います」桂木さんの言葉には真摯な印象を受けたが、全裸で言われても説得力はなかった。

 「変態女とは、社員のストレスや不満の解消を目的として、あらゆる仕事を役割とします。このように裸になることもあります が、手段としてであり、目的ではありません。変態女はバカにされ、揶揄されることをあえて見せることで恥を晒し、相対的に社 員に優越感、安堵感を与えます」説明をしながら、桂木さんは赤い紐パンティーを履き、割れ目にグイグイと食い込ませていた。

「言葉ではなかなか説明しづらい部分もありますので、実例を示したいと思います。よろしいですか? まずはこれで私のおっぱ いに落書きしてください」桂木さんはサインペンを社員に配り、自分のおっぱいに落書きするように言った。「なるべく恥辱的な 言葉を書いてください、たとえば……」桂木さんの指導を受けながら、社員はおっぱいに言葉を書き入れた。
変態女実演

「コホン……では始めます------こんにちは〜! 変態女のユウコです〜! 皆さんよろしく〜!」尻をプリプリと振りな がら、裏返った声を出している女性が、さっきまでと同一人物とは思えなかった。桂木さんはおっぱいをプルンプルンと揺らして 「ホラ、おっぱいにこんなこと書かれちゃいました〜! もっと書いていいんですよ〜? ま○こにも書いて〜」指を使って割れ 目をパクパクさせて、桂木さんは叫んだ。

「……と、こんな感じです。雰囲気は掴んで頂けましたか?」パッと素に戻った桂木さんを前に、社員たちは呆然と眺めていた。 「まあ、今のはほんの一例ですが、私のような妙齢がやれば効果は大きいということですね」桂木さんの説明を聞きながら、私は 『変態女』は意外に奥が深いものだといたく感心した。









copyright