ジグザグカンパニー


topgallerydownloadbbslinkprofile


トッ プページ > ギャラリーインデックス > ふたなりギャラリー  > 巨根!ふたなり娘3



 山田真琴さん(23)さんは、最近ふたなりを公表した一人だった。以前は二の腕ほどもあるペニスを隠すことに神経を使っていたが、今はその必要もなくな り、精神的な負担がなくなった。そのおかげで気軽に外出もできるようになった。

 よく近所の公園までジョギングに行くという真琴さんに同行することになった。「今まで、隠さなくちゃいけなかったモノを出しっぱなしで良いっていうの が、すごい気持ち良いんです」真琴さんは嬉しそうに言った。真琴さんはノーブラでウェアを着て、下半身は裸だった。軽く走るだけで胸が大きく揺れた。

「私、巨根な上に玉付きなんで、けっこう走るの大変なんですよ」真琴さんは自分のペニスを引っ張り上げて、玉袋を見せてくれた。すべすべとした袋の中に、 ソフトボールくらいの睾丸が二個収まっていた。

 真琴さんは公園に着くと、木陰に座った。「ふぅー……、ちょっと休憩します」ジョギング中の姿は写真に収めたので、射精姿を頼むと、真琴さんは笑顔で応 えてくれた。「いいですよ〜。じつは、いつもこのへんで出しちゃってるんです」そう言うと、真琴さんはナップザックからローションのボトルを取り出した。

 トロリとしたローションを亀頭に軽く塗りこむと、真琴さんはそれを手のひらでのばし始めた。「んんっ〜……」真琴さんが気持ち良さそうに声を漏らすと、 ペニスがみるみる大きくなり、真っ白い精液がほとばしった。「……はぁ〜、もうでちゃった。あはは、私って早漏なんです!」真琴さんは照れ笑いしながら 言った。

巨根!ふたなり娘3

 ▼過去に掲載していた絵を改造して再掲載しました。
過去の絵
 ▲掲載時の絵









copyright