ジグザグカンパニー


topgallerydownloadbbslinkprofile


トッ プページ > ギャラリーインデックス > 妊婦ギャラリー  > ペット妊婦闘技場



 高レベルモンスターたちは、倒した人間パーティーの女たちを捕らえてペットにしていた。

 ペットにした女たちは裸にして飼い、気まぐれに処刑したり、低レベルモンスターと交尾させて楽しんでいた。手持ちのペットが多くなってくると、高レベル モンスターたちのあいだでは、ペットを使った闘技場が流行り始めた。

 闘技場のルールは、低レベルモンスターの子を孕みお腹の大きくなったペットだけを戦わせるものだった。さらにペットの両腕を頭の上で縛り、呪文を封じた 上で、お互いの腹を蹴らせて、先にモンスターの子を産み落とさせたほうが勝ちとなった。

 試合には金や支配地、新しいペットが賭けられた。腹を蹴りあう持久戦のため、魔法使いや僧侶は、戦士や武道家に勝つことは稀で、倍率も大きかったが、 ペットを参加させる高レベルモンスターたちは、安定して勝てる戦士を欲しがった。

 試合の回数を重ねるごとに、どんなペットが勝てるかという戦略や、出場させる時期(妊娠期間)などの情報が出回り始めた。勝てるペットとして重宝されて いた戦士に関してはとくに研究が進み、産んだ回数の多い勝てる戦士は高額で取引された。

 その日も、とあるモンスターの出場させた戦士が、相手の賢者を産ませて何度目かの勝利をあげていた。相手の賢者は初出場で、モンスターを産み落としなが ら、賢者に賭けていた観衆モンスターや飼い主の怒声に恐怖し、ガタガタと震えていた。最近では負けたペットが殺されることはなく、何度も産ませて鍛えるの が通例となっている。
 この日勝利した戦士も、捕らえられてから半年間で、数十回の出産をさせられていた。
ペット妊婦闘技場









copyright